今さらだけどSEOってなんだろう

ビッグコマースWEBマーケティング担当のyamです。

 

誰にでもわかりやすく、初心者の方にこそ見ていただきたい記事制作を心がけております。

ここではWEB業界では常に使われている「SEO」という言葉について解説いたします。

 

SEOとはSearch Engine Optimizationの略です。

直訳すると“検索エンジンの最適化”となります。

 

これだけではよくわかりませんね。

 

余談ですが、IT業界はこのアルファベット3文字の用語がたくさん出てきます。

たくさんあり過ぎて正直、私たちも混乱するときがあります!

 

SEO対策(検索エンジンの最適化対策)はサイトをお持ちの方なら

売上や問い合わせに直結するとても大事な要素です。

 

わかりやすく解説していきます。

 

1.検索エンジンを知る

Googleを知る

世界には膨大なWEBサイトが存在します。

一説には12億以上とも?

 

この大量のサイトの中からユーザーがお目当てのサイトに辿り着くには

きちんとURLを入力するしか方法が無くなってしまいます。

 

でもURLを記憶できるなんて、自社のホームページくらいですよね。

 

そこにGoogleさんの登場です。

Googleはこの膨大なサイトの情報を事前に集約し

検索窓から入力されたキーワードに一番適しているとされるサイトの検索結果を表示してくれます。

 

Googleはクローラーと呼ばれる、独自のソフトウェアを開発しています。

このクローラーが世界中のWEBサイトから随時情報を収集しています。

 

Googleの判断基準によって(これをGoogleのアルゴリズムと呼ぶ)WEBサイトはランク付けされます。

このランクと検索されたキーワードとの関係が検索結果に影響していきます。

そのWEBサイトのランクが高いほど検索結果の上位に表示されるようになります。

ところで日本ではYahoo!の利用率が高いですね。

およそ半数はYahoo!、残り半分がGoogleの検索を利用しています。

 

ではYahoo!のSEOはどうなのか?というと

実はYahoo!もGoogleの検索エンジンを使っていますので

基本的にはGoogleを中心に考えていただいて問題ありません!

 

2.SEO対策をしてもGoogleの気分に左右されるのか?

先述のとおり、Googleはこの検索の独自判断基準を持っています。

そして、その基準は常に変更・改修を繰り返しています。

 

半年前に検索した時は出ていたサイトも、今ではどこにも出てこない!なんてこともザラです。

 

しかしこれはGoogleの方針を見ると、検索結果に出てこなくなった理由がわかります。

 

Googleは以下のような“Google が掲げる10の事実”という方針を公開しています。

 

①ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
②1つのことをとことん極めてうまくやるのが1番。
③遅いより早い方がいい。
④ウェブ上の民主主義は機能する。
⑤情報を探したくなるのはパソコンの前にいる時だけではない。
⑥悪事を働かなくてもお金は稼げる。
⑦世の中にはまだまだ情報があふれている。
⑧情報のニーズはすべての国境を超える
⑨スーツが無くても真剣に仕事はできる
⑩「すばらしい」では足りない。
 

これをSEOだけの観点から観ればGoogleは、

ユーザーにとって有益であり、価値のある情報(WEBサイト)を表示するために

日々検索エンジンの判断基準(アルゴリズム)を進化させていっていると判断できます。

 

2000年前後からインターネットを使っていた方なら何度も見たことがあると思いますが

当時はWEBサイトの文字数や、サイト内にキーワードを散りばめることがSEO対策の主軸だったため

日本の市町村名が全部入っていたり、解読ができない上に途中にキーワードが差し込まれているような

テキスト文が画面一面を覆ったりしていました。

 

つまり無理やり検索の上位表示をさせるために、(Googleにとっては)悪事とされてきた手法をGoogleは見抜いて常に改善しているということです。

 

3.SEO対策の基本のき

検索結果上位はどのWEBサイトも目指したいものです。

 

検索結果1位のクリック率は約20%と言われています。

1位でも検索したユーザー数の5分の1です。

2位になると約10%。

11位以降(2ページ目以降)になると1%となります。

 

しかも競合サイトも多数ある中で上位表示を勝ち取ることはかなり難しいです。

 

でもせっかく制作した素敵なWEBサイトも、ユーザーが訪問してくれなくては何の意味もありませんよね。

 

そこでSEO対策の基本中の基本です。

前段の説明とおり、Googleの方針に沿った“ユーザーにとって有益であり

価値のある情報(WEBサイト)”を制作することがまず第一に取り組むべき事です。

 

ユーザーの知りたいこと、悩んでいること、欲しい情報が

そのWEBサイトの中に存在しているかどうか。

 

このユーザー視点に立ってサイトの内容を吟味していくことが、何よりのSEO対策です。

 

無理やり誘導するような内容や、無駄なリンクや記事は、

Googleではなくユーザーが望んでいないということです。

 

そう考えれば、貴社や貴店の商品・サービスの素晴らしさがきちんと伝わること。

それをお客様が探せる状態を作ってあげることが一番なのですね。

 

当然SEO対策には、もっと細かなやるべきことがありますが、

まずは『真摯に情報提供をやっていきましょう!』がわかりやすいまとめなのかもしれません。

 

ビッグコマースではユーザーの視点に立った、WEBサイトのSEO対策を考えます→

Posted in 未分類.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です