コンテンツマーケティングって何

コンテンツとかコンテンツマーケティングとか最近良く聞くけど

ビッグコマースWEBマーケティング担当のyamです。

中小企業社様のWEBサイト運営を全力サポートすることをモットーに、わかり易くお伝えする記事を少しずつ書き足していっています。

 

『コンテンツ』や『コンテンツマーケティング』って最近良く聞きませんか?

コンテンツが大事、コンテンツを充実させよう、今やコンテンツマーケティングの時代だ!と。

いや、初めて聞いたけど。という方も一度お目通しください。

現在のWEB業界では切っても切れないワードのひとつですので!

1.コンテンツ=中身

坂本八幡宮

単純な翻訳はこうです。コンテンツ=中身や内容。

あっそう、って感じですよね。

つまりWEBサイトの中身ということです。

 

でももう現代においてはコンテンツは世の中全てのものに当てはまります。

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、全てのものがコンテンツになる可能性があるということです。

 

私たちの地元福岡に太宰府天満宮という有名な神社があります。

菅原道真公が祀られています。

学問の神様として人気で、受験前はとても多くの参拝者があります。

 

この太宰府天満宮から2.5㎞ほど“も”離れた場所にある坂本八幡宮が、令和の新元号発表とともに俄かに脚光を浴びました。

令和の元歌が詠まれた、大伴旅人邸があった場所なのです。

 

これは令和がひとつのコンテンツとなり、坂本八幡宮が新たなコンテンツとなったわけです。

 

正直、地元民の私たちでもその存在を知りませんでした!(笑)

 

そしてそこで頂く御朱印も大人気となっています。

そうです、御朱印もまたコンテンツです。いまやブームになっていますね。

アートな御朱印なんかもあって、それがまた神社巡りの火付け役に。

 

…と何でもコンテンツ化が可能なわけです。

視点をちょっと変えたり、お客様の感情に訴えたり。

 

貴社の商品やサービス、それだけでなく働いているスタッフやその社内環境。

歴史や活動など、コンテンツになり得る素材は無限に存在します。

2.WEBサイトにおけるコンテンツマーケティング

マスメディア

インターネットが広く普及するまでは、マーケティングの方法は『マス広告』が主流でした。

テレビCMに代表されるように、折込チラシや新聞広告、雑誌広告、交通広告など不特定多数のユーザーに向けて、一方的なメッセージを発信するものです。

 

しかし現在では検索行動が当たり前となり、さらにSNSやブログ等の個人による情報発信が豊かになったことで、ユーザー側に情報の選択権が移りました。

 

しかもその情報の質や量が格段に増えています。

こうなることでマス広告では個人の欲求を満たすことが難しくなってしまいました。

 

そこでユーザーそれぞれの解決策に応えるためのコンテンツを作り、情報提供を行っていった。それがコンテンツマーケティングなのです。

3.お客様のどの欲求段階に情報を提供するのかがコンテンツづくりの原点

検索行動

“ググる”という言葉があるように、検索行動は今や当然のアクションです。

 

世の中には情報があふれまくっているので、全てのことを知る、記憶することは難しい。

なので、自分が知りたい情報を自分から取りに行きます。

 

これを読んでいただいている方も、毎日何かしらの検索行動を行うと思います。

それは基本的には『お悩みの解決策』を探っているはずです。

 

例えば、こんなお悩みの解決策を検索したことはありませんか?

(サイトや店名は仮称です)

 

>今日は、東京に1人で出張。晩御飯どうしようかなー。

>ホテルは品川駅から近くなので、品川駅周辺で美味しい食事処無いかな?

 

検索行動【品川駅 飲食店】→検索結果コンテンツ【グルメナビ 品川駅周辺】

 

>美味しそうだけどなんだかお洒落なお店ばかりで、1人で入店するのはちょっと気がひけるなー。

>もうちょっと入りやすいお店無いかな。

 

検索行動【品川駅 飲食店 1人でも入りやすい】→検索結果コンテンツ【ヒトリザラ 1人でも入りやすい飲食店】

 

>あ、この“焼き鳥ポッポ品川”が良さそう。でもこれは広告っぽいし、本当にいい店かな?

 

検索行動【焼き鳥ポッポ品川 評判】→検索結果コンテンツ【食べたいログ】【出張の達人が行った店ブログ】

 

>食べたいログの評価の星の数もいい。

>それよりも、この誰かわからないけど出張の達人の評価も高いな。これなら安心して1人で行けそうだ。

 

私もこういった経験は何度もあります。

 

WEBサイトがテーマの記事ですので、この検索結果のサイトを全て『コンテンツ』と捉えれば、最終的に判断にいたったのは、誰なのかも知らない人のブログだったりします。

 

心を動かされるのは、1ユーザーの意見だったりするわけです。

 

でもその店を探しとめるまでには、どんな店があるのか?どういう店なのか?という欲求を満たしてあげる必要があります。

 

貴社の商品やサービスに当てはめたとき、どんなコンテンツがそれぞれの欲求時にあれば心動かされますか?

4.まとめ

商品やサービスにより構築すべきコンテンツは異なります。

スタッフが使い方を説明する動画、好感度を増すキャラクターを作る、商品のストーリーを語るブログ、Instagramでビジュアルを提供する、などなど。

 

あまり難しく考えることではなく、コンテンツをお客様の欲求に合わせて構築していくことでコツコツと集客活動が行えるはずです。

 

コンテンツマーケティングはビッグコマースへ。中小企業のホームぺージを成果に繋げるための戦略をご提案いたします→

 

今さらだけどSEOってなんだろう

ビッグコマースWEBマーケティング担当のyamです。

 

誰にでもわかりやすく、初心者の方にこそ見ていただきたい記事制作を心がけております。

ここではWEB業界では常に使われている「SEO」という言葉について解説いたします。

 

SEOとはSearch Engine Optimizationの略です。

直訳すると“検索エンジンの最適化”となります。

 

これだけではよくわかりませんね。

 

余談ですが、IT業界はこのアルファベット3文字の用語がたくさん出てきます。

たくさんあり過ぎて正直、私たちも混乱するときがあります!

 

SEO対策(検索エンジンの最適化対策)はサイトをお持ちの方なら

売上や問い合わせに直結するとても大事な要素です。

 

わかりやすく解説していきます。

 

1.検索エンジンを知る

Googleを知る

世界には膨大なWEBサイトが存在します。

一説には12億以上とも?

 

この大量のサイトの中からユーザーがお目当てのサイトに辿り着くには

きちんとURLを入力するしか方法が無くなってしまいます。

 

でもURLを記憶できるなんて、自社のホームページくらいですよね。

 

そこにGoogleさんの登場です。

Googleはこの膨大なサイトの情報を事前に集約し

検索窓から入力されたキーワードに一番適しているとされるサイトの検索結果を表示してくれます。

 

Googleはクローラーと呼ばれる、独自のソフトウェアを開発しています。

このクローラーが世界中のWEBサイトから随時情報を収集しています。

 

Googleの判断基準によって(これをGoogleのアルゴリズムと呼ぶ)WEBサイトはランク付けされます。

このランクと検索されたキーワードとの関係が検索結果に影響していきます。

そのWEBサイトのランクが高いほど検索結果の上位に表示されるようになります。

ところで日本ではYahoo!の利用率が高いですね。

およそ半数はYahoo!、残り半分がGoogleの検索を利用しています。

 

ではYahoo!のSEOはどうなのか?というと

実はYahoo!もGoogleの検索エンジンを使っていますので

基本的にはGoogleを中心に考えていただいて問題ありません!

 

2.SEO対策をしてもGoogleの気分に左右されるのか?

先述のとおり、Googleはこの検索の独自判断基準を持っています。

そして、その基準は常に変更・改修を繰り返しています。

 

半年前に検索した時は出ていたサイトも、今ではどこにも出てこない!なんてこともザラです。

 

しかしこれはGoogleの方針を見ると、検索結果に出てこなくなった理由がわかります。

 

Googleは以下のような“Google が掲げる10の事実”という方針を公開しています。

 

①ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
②1つのことをとことん極めてうまくやるのが1番。
③遅いより早い方がいい。
④ウェブ上の民主主義は機能する。
⑤情報を探したくなるのはパソコンの前にいる時だけではない。
⑥悪事を働かなくてもお金は稼げる。
⑦世の中にはまだまだ情報があふれている。
⑧情報のニーズはすべての国境を超える
⑨スーツが無くても真剣に仕事はできる
⑩「すばらしい」では足りない。
 

これをSEOだけの観点から観ればGoogleは、

ユーザーにとって有益であり、価値のある情報(WEBサイト)を表示するために

日々検索エンジンの判断基準(アルゴリズム)を進化させていっていると判断できます。

 

2000年前後からインターネットを使っていた方なら何度も見たことがあると思いますが

当時はWEBサイトの文字数や、サイト内にキーワードを散りばめることがSEO対策の主軸だったため

日本の市町村名が全部入っていたり、解読ができない上に途中にキーワードが差し込まれているような

テキスト文が画面一面を覆ったりしていました。

 

つまり無理やり検索の上位表示をさせるために、(Googleにとっては)悪事とされてきた手法をGoogleは見抜いて常に改善しているということです。

 

3.SEO対策の基本のき

検索結果上位はどのWEBサイトも目指したいものです。

 

検索結果1位のクリック率は約20%と言われています。

1位でも検索したユーザー数の5分の1です。

2位になると約10%。

11位以降(2ページ目以降)になると1%となります。

 

しかも競合サイトも多数ある中で上位表示を勝ち取ることはかなり難しいです。

 

でもせっかく制作した素敵なWEBサイトも、ユーザーが訪問してくれなくては何の意味もありませんよね。

 

そこでSEO対策の基本中の基本です。

前段の説明とおり、Googleの方針に沿った“ユーザーにとって有益であり

価値のある情報(WEBサイト)”を制作することがまず第一に取り組むべき事です。

 

ユーザーの知りたいこと、悩んでいること、欲しい情報が

そのWEBサイトの中に存在しているかどうか。

 

このユーザー視点に立ってサイトの内容を吟味していくことが、何よりのSEO対策です。

 

無理やり誘導するような内容や、無駄なリンクや記事は、

Googleではなくユーザーが望んでいないということです。

 

そう考えれば、貴社や貴店の商品・サービスの素晴らしさがきちんと伝わること。

それをお客様が探せる状態を作ってあげることが一番なのですね。

 

当然SEO対策には、もっと細かなやるべきことがありますが、

まずは『真摯に情報提供をやっていきましょう!』がわかりやすいまとめなのかもしれません。

 

ビッグコマースではユーザーの視点に立った、WEBサイトのSEO対策を考えます→

ペルソナって何

ペルソナって何? WEBサイト制作に必要なペルソナ設定はこう考える

ビッグコマースWEBマーケティング担当のyamです。

 

中小企業のWEB担当者向けに、シンプルでわかりやすい記事を心がけております。

 

今回は「ペルソナ」について。

 

「ペルソナ」という言葉を聞いたことはありますか?

 

マーケティング業界では日常的に使われる用語ですが

いわゆる貴社の商品やサービスを届けたいターゲットのことです。

 

そう言われると、どの会社にも商品を売る先のターゲットは存在しているはずです。

ですので改めて『ペルソナを設定しましょう!』なんて言われても

無駄な作業のような気がしてしまいますね。

 

でもよく考えてみましょう。

WEBの世界ではあらゆるユーザーが存在しています。

老若男女、趣味嗜好も異なる、地域や国も問わない人たちが毎日様々なWEBサイトを訪問しています。

 

その無数のユーザーすべてに自社の商品を売り込むことは、とてもハードルが高いと言えますし

広告費だけ考えてみてもかなりの無駄が生じます。

よっぽど広告費に余裕のある大企業なら別の話ですが…。

 

例えば、注文住宅を販売している会社であるとしましょう。

新たにWEBサイトをつくり、認知度を高めて新規客を増やしていこうと戦略を立てたと仮定します。

 

これまでは、展示場や訪問営業、紹介などで新規客をとってきていました。

 

来場もしくは紹介いただいたお客様に

どんな家を作りたいか、住みたいかをヒアリングし

そこから図面や価格を提案していました。

 

さて、新たに制作したこの住宅会社のWEBサイトを、新規客はどのようにして訪れるでしょうか?

(ここでは新規客という点に着目します。展示場を見た後にWEBサイトを訪れたユーザーは新規客ではないとみなします)

 

ここに「ペルソナ」設定が活躍します。

 

1.どうしてペルソナが必要なのか?

先ほどの住宅会社で話を進めていきます。

お伝えしたように、WEBは無数のユーザーが存在する世界です。

同じく、多くのWEBサイト(競合も含めて)も存在します。

 

よってそのWEBサイトが、ユーザーのニーズにマッチするかどうかがとても重要なポイントです。

 

ユーザーはあらゆる検索語句で、色んなWEBサイトを訪問します。

 

『注文住宅 激安』

『400万 注文住宅』

『カリフォルニア風住宅』

『平屋住宅 おしゃれ』…etc。

 

その検索ニーズに応えうるWEBサイトに、ユーザーは敏感に反応します。

自分が検索した意図にピッタリのWEBサイトを見つけると、惹きこまれて熟読します。

 

もし「カリフォルニア風住宅」で検索したユーザーが訪れたサイトが

「プロヴァンス風住宅」のデザインばかりだとすれば

すぐにそのサイトを去ってしまうはずです。

 

つまり、WEBサイトをつくって新規客を増やしたいと考えたらまず

 

『どんなお客様に訪れてほしいか』

 

をしっかり決めておかないと、新規客はいつまでたっても増えないのです。

(もちろんゼロではないでしょうけど)

 

こう言うと、

「いや、これまでもあらゆるお客様のニーズに応えてきたからどんな新規客が来ても大丈夫!」

と仰る方が結構いらっしゃいます。

 

それは対面でしっかりと接客でき、ニーズに対してじっくりと対応できているからだと思います。

 

しかしWEBサイトでは先にお客様が判断します。

この会社に相談してみようかどうかは、接客する前に判断されてしまうのです。

 

2.具体的にペルソナを設定してみよう

ペルソナを設定してみよう

そこでペルソナ設定です。

どんなユーザーにWEBサイトを訪れてほしいかを決めていきます。

 

具体的であればあるほど望ましいです。

ちなみにこんなことを決めていきます。

 

ペルソナ設定例

 

【名前・生年月日】

【職業・家族構成・職歴など】

【行動特性・コミュニケーション手段など】

【ペルソナ自身の課題や目標】

【批判的な意見や懸念材料

 

実際に記載していくとこんな感じですね。

 

【名前・生年月日】

  中村健司/1985年7月10日/34歳

【職業・家族構成・職歴など】

  製造メーカー営業 営業主任

  年収550万 賞与年2回

  26歳で転職して現在の職場。成績はまずまずで昨年主任に昇格。

  妻 香織(32歳)自宅近くのカフェでパートタイマー 月収9万円程度で扶養内

  子供2人(小学2年生・女/保育園年長・男)小学生の娘が最近習い事でダンスを始めた

【行動特性・コミュニケーション手段など】

  自身は次男のため、家を継ぐ必要はない。
  子供が大きくなる前に、校区が変わらない範囲で家を建てたい。

  現在は賃貸の2LDKのアパート(家賃80,000円)

  営業の合間にスマホで色んな住宅情報を見るのが習慣になっている。

  妻は長男が小学生に上がったら正職に就きたいと考えている。

  

【ペルソナ自身の課題や目標】

  現在の職場は環境も人間関係もいいので、しっかりと活躍していきたい。

  40歳になるころには課長になりたい。

  年齢的にも35年ローンを組むならできるだけ早く今のうちにと思っている。

  家はできるだけ庭が欲しい。バーベキューを家族としたい。

  お風呂はこだわりたい。特に眺めを重視したい。

  外観よりも内装が大事。

 

【批判的な意見や懸念材料】

  自分の年収で果たして家が建てられるのか?

  あまりセンスがないので、いい建築デザイナーに当たることを期待している。

  土地から探さないといけない。

  頭金がどれくらいあればいいのかがわからない。

  一度大手の住宅展示場に行ったが、住宅も価格も立派すぎて一度家を建てることを諦めていた。

 

と、詳しく記載できればできるほど、いいペルソナとなっていきます。

ペルソナ像が映像として見えてくるくらいが望ましいです。

 

これがあると対象となるペルソナがどんな言葉に惹かれ

どんな訴求をすれば反応しやすいかが判断でき

WEBサイト制作の基準や目的がが明確になっていきます。

 

上記のペルソナ例でいけば、住宅ローンへの安心感が伝わったり

建築デザイナーの実績を紹介したり、大手住宅会社との違いを説明したりすることで

ニーズに合うWEBサイトができていくと考えられます。

 

3.まとめ

 

WEBサイトを制作する上で、とても重要なペルソナ設定。

無数に存在するユーザーの中から、ユーザーの立場やニーズを明確にすることで

獲得率が高まる質の高いサイトを製作することができるようになります。

 

ペルソナ設定はサイト制作だけでなく

今後の広告運用や、商品開発にも役立ちますので是非取り組んでみてください。

 

ビッグコマースではお客様に寄り添い、WEBサイトの改善策を本気で考えます→

会社のホームページ担当になってしまった

会社のホームページ担当になってしまった!!…という方へ

ビッグコマースWEBマーケティング担当のyamです。

中小企業向けに全力でWEBサイトの運営をサポートすることをモットーに

わかり易くお伝えする記事を心がけています。

 

この記事ではタイトル通り、導入の導入時点!

 

『何もネットのことなんて知らないよー』という状態で突然、

会社のホームページを作ってくれない?

と上司に命じられた担当者の方に向けてお伝えします。

 

1.まずはおめでとうございます!

 

ホームページ担当ご就任おめでとうございます!

 

『いやいや、本当に何も知識無いんだけど。

そりゃ通販も使うし、ネット検索もするし、スマホで色々ニュースとかは見てるよ。

会社には伝えてないけどSNSもまあまあ使っちゃいる。

でもあくまで利用者側だし…。』

 

という方こそ大チャンスです!

WEBの世界は可能性が無限にあります。

特に中小企業の方は、競合他社でもあまりWEBに取り組んでいるところが少ないならば、余計にチャンスですよ。

 

ホームページからの売上が上がり、社内での株も上がって2年後には昇進できるかも?

 

そして、ネットを個人で普通に利用しているという視点が、とても重要なのです。

一般の人がどうやれば自社のWEBサイトに訪れてくれるのか、という顧客視点がとても必要になるからです。

 

実質的には、対面での商売も、商品パンフレットも、そしてWEBサイトも

何も違いはありません。

お客様への満足を追求するために作りこんでいくという点ではまったく同じです。

 

1つだけ大きな違いを挙げるとすれば、

WEBサイトは営業マンの何倍もの営業力と行動力を持っていて、

しかも効率よく反応を得られるということです。

 

2.ホームページ作成の目的を決め、会社案内パンフレットとWEBサイトの違いを考える

それでは、WEBサイト担当者になったらまずすべきことは何か?

 

まずはホームページの【目的】を決めましょう。

大きく分けると2つの目的要素が考えられます。

 

A/会社紹介としてのホームページ
中小企業ではよく見られるパターンです。既に会社案内のパンフレットがあり、その内容をWEBサイト化させるというもの。
事業内容や会社概要、ちょっとした問い合わせフォームなど。
採用活動などを積極的に行っている会社であれば、新卒や中途採用者向けに社内の雰囲気や待遇を伝えることなども考えられます。

 

B/受注に繋がるためのホームページ
さらに進んで、会社のホームページから受注に繋がるための仕掛けや導線、デザインなどを構築していきます。場合によっては買い物ができるシステムを入れる、また広告を配信することでユーザーが辿り着いたときに、購買欲を掻き立てるようなデザインLP(ランディングページ:着地ページのこと)を制作する必要も出てきます。

 

貴社のホームページの目的は、大きく分けてAとBのどちらを目的としていますか?

もしAの会社案内パンフレットのWEB版、くらいでしたら正直

パンフレット制作をした印刷会社に

『データをそのまま使ってホームページを作ってください』

と注文していただければ大丈夫かと思います。

 

しかしどうでしょうか?

会社案内パンフレットももちろん売上を増やすためのツールの一つであることは間違いないです。

 

私自身も数多くの営業を受け、その会社案内パンフレットを受け取りましたが、

残念ながらそれだけで注文しようと思えたことはありません。

せっかく新たに作るホームページならば、ぜひ受注に繋がるものにしたいですよね。

 

何せWEBサイトは、何の会社の不平不満も言わない(笑)

全国全世界に発信してくれる貴社の営業マンになるのですから。

 

さあ、貴社のホームページ制作の目的は決まりましたか?

 

3.目的が決まったら、誰にそのホームページを観てもらいたいかを決める

そのホームページは誰に見てもらいたいか

目的が決まれば、次は誰にそのホームページを観てもらいたいかが重要になります。

というのも、WEBサイトは全国全世界に発信可能なため、

基本的には全ての人が閲覧可能となります。

 

しかし、老若男女問わず誰も彼も満足させられるような内容にはできないはずです。

きっと貴社にもターゲットとしている顧客層や、クライアント像があると思います。

そこを具体的にイメージしていただきたいです。

 

ターゲットがはっきりすることで、どのようなデザインでいくか?

どんな訴求をしていくか?どんなターゲットに向けて広告を配信するか?エリアはどうか?

と言った、制作時に悩みがちな点の解決策が明確になります。

 

ありがちなのは、お洒落なホームページにしたいあまり

本当は中高年向けの商品なのに文字が小さかったり

無駄に英字やモデルの写真を使ったりといった

ターゲットを外したデザインになるというもの。

 

また、制作時には色んな周りの方の意見が出てくるため

結果的にどこを目指したのか判らないホームページが仕上がってしまった

ということもよくあります。

 

ターゲット設定には【ペルソナ】という考え方が役に立ちます。

下記の記事をご参考ください。

 

>ペルソナって何? WEBサイト制作に必要なペルソナ設定はこう考える

 

4.まとめ

私は過去に印刷会社で働いていた経験があります。

当時はインターネットがあまり普及しておらず、会社案内パンフレットの需要はとても多かったです。

しかも一番売上が稼げる商材だった!(笑)

 

しかしいつも感じていました。これで注文がとれるわけはないな…と。

 

あくまでも営業トークの代弁役であり

採用時の学生に渡す紹介パンフレットのひとつという要素が強かったように思います。

 

優秀なホームページ営業マンは会社案内の要素を持ちながら

商品やサービスを受注するチラシの役割も同時に果たしてくれます。

 

また、印刷物と異なり修正や更新が随時可能です。

 

お客様の満足や、市場の動向を見ながら変更を加えやすいという点においても

ホームページはただの会社案内ではなく

営業マンの一人として活躍してもらうものにすべきだと思うのです。

 

 

会社のホームページを制作するならビッグコマースへ。中小企業のWEBサイトを全力サポートいたします→